読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湖の底に。

ホロスコープ、タロット、日々のひとりごとを連ねてゆきます。

辿ってきたみち。


石井ゆかりさんの本を読んで、自分の選択を辿ってみたら、色んな分岐点があったんだよな、と。



私は、我が家の長女としてこの世に生まれ落ちて、兵庫県の家で4歳頃まで過ごして、地元の幼稚園に入園した後に、おじいちゃんとおばあちゃんの家に引っ越して、同じ地区の小学校に入学。小学校の印象的な出来事と言えば、今でも覚えてるのは理科の授業。ソーラーパネルを使った車?を作るやつ。あれが好きでたまらなかった。あと、虫眼鏡で紙焦がすやつ。あれが私の『自分の好き』を見つけた最初じゃないかとおもう。


それから、理科の授業だけが好きすぎて、図書室で宇宙の本ばかり借りるようになって、休み時間は給食食べたら速攻で図書室に向かってた気がする。あの本のシリーズ、また読みたいな。望遠鏡で撮った宇宙の写真がたくさん載ってるシリーズ。高学年で、植物にも興味が出てきて栽培委員とかやってた気がする。理科の延長線だよね。畑先生見つけては色々聞いてたな。笑


その頃には、将来、天文学者になるんだ!!と、意気込んでいた気がする。本当に空ばっかりみてた。


小学校卒業後、そのまま校区の市立の中学校に入学し、当たり前のように部活を探して友達に誘われるがままにソフトテニス部の仮入部について行くことにして、コートまで来たのだが、コートの前では近所で仲よかった弟の友達のお姉さんが吹奏楽部の歓迎演奏でホルンを吹いていた。


友達に、少しだけこれみてから行くね。


と、告げて吹奏楽部の演奏を聴いた。


この選択が私の大きな分岐点だと思った。


演奏が終わってから、お姉さんから発見され『さやかーーー!あんたホルン吹きなさい!!』と、半ば強制的に吹奏楽部へ引きずり込まれる笑笑


なんにも、楽器も習った事もなく、特に音楽が好きだったわけでも無かった私が、突然ホルンを吹く事になった。


でも、ホルンと出逢って、音楽の楽しさを知ったし、アンサンブルの気持ち良さを知って、みんなでひとつの目標へ向かう達成感も知った。1度ハマると、それしか見えなくなる性格の私は中学3年間をホルンの為に全て使った。中学2年でソロコンテストで関西大会に行ったのは、運も重なり、過去最高の記録だった。


当たり前のように、地元の公立高等学校を受験し合格し、また吹奏楽部に入部した。


ここで出逢ったメンバーとは、本当に様々な経験を共にしたと思うし、そのあと十数年と続く時間の中を共に過ごした人達だ。私の大事な人達。


高校の歴史の中の節目の時期を私達は過ごして卒業後、私は音楽以外に勉強したいものが全く思い浮かばず、関西の音楽専門学校へ行く事に。my楽器を調達し、専門学校へ入学。


この2年で知った事は、自分の自立心の無さ。


自分で決めて、動く事の出来なさを強く思い知った。

好きで選び取ったはずの音楽で、私は漠然とした目標しか無かったのだ。ただ、好きなだけでやってきた8年間。楽器でご飯を食べて行く事の現実を知った。楽器でご飯を食べるという現実についてあまりにも無知であった。

社会勉強にしては、かかりすぎたお金。アメリカの研修もバンド経験も、私にとっては夢のような時間で、その時の事は今でも鮮明で、楽しくて楽しくて幸せで仕方なかった。


専門学校卒業後、社会人になるのに、私は就職活動もすることなくアルバイト、いわゆるフリーターをなんとなくすることになる。学校に不自由なく通わせてもらったのに、ちゃんとした仕事に就けず親に謝りたおしたが、母親はこういった。


「何も得なかった事は無いんでしょ?」

このひとことで、救われたと言うか泣いた。


その後、アルバイトを転々としつつ、夏限定で市内の中学生にホルンを教えに行ったりしていた。

何かしなければと、アロマセラピーの検定とアロマコーディネーターの資格を受講した。


それから、資格取得後、アロマのとあるショップにて契約社員で雇ってもらい、アロマクラフトの講師をやらせてもらって、その時のこともとても良い経験となった。


ちょうど、そのショップの頃に、『セラピスト』

というアロマ情報誌を毎号買っており、「アロマセラピー占星術:鏡リュウジ」というワードをセラピストの中に発見。


ん?と思い、読んでみるとアロマセラピー占星術が関係あること。そこから小学校の頃の記憶が蘇り、小学校の頃に星や宇宙や占いが好きだったことを思い出す。


まだそれは、とっかかりが生まれた程度で、そんなに深くは考えていなかったのだけど。


アロマショップを辞める頃、結婚を考え始めており、好きな事はやめて、お金を貯める、稼ぐ事にシフトするようになった。


それが携帯業界に最初に入った理由。


けど、結婚の話は思わぬ事件で泡となり笑笑


また、別のアロマショップへ入社。


その時に、アロマと陰陽五行思想との関わりや、チャクラやタロットカードとの関わりについて色々と深める事ができた。

そして、ここでの大きな出来事は、師匠と出逢ったことだろう。


この頃、アロマより占星術やタロットカードや陰陽五行思想アーユルヴェーダなどを勉強する事の方が多くなっていて師匠と逢ってはニッチな話で盛り上がってばかりいた。


その頃、家の事もあり不安定な中で過ごしていたけれど、少しずつ人生の主導権を自分へ持っていくことを始めた頃でもあったなぁと。


師匠との出逢いで視野があり得ないほど広がった。


これが25歳頃までのわたし。