湖の底に。

ホロスコープまじえて、日々のひとりごとを連ねてゆきます。

ひとつのサイクル。

ホロスコープを独学で始めて4年ほど。


自分的に、『占い』という感覚ではなくて、その図式から読み取られた『要素』が、どれだけ実体験に沿っているのかを記録を取りつつ楽しんできた。


ホロスコープを勉強し始める前と後では、人生の捉え方も自分の生き方も、生きやすさも、私は良くなったと思う。というか、自分が『本当に求めているものは何か?』とか、そういう事をちゃんと自分の中で承認出来るようになったのも、そのお陰なんだよね。


何か特定のことを予測したり、予測した出来事を変えたり操ったり、そんな事が出来るモノでは無くて、『こんな方向に行きそうですね』という所から、心構えと受け止め方を学んでいるような感覚なのかな。


多分そんなクッションが必要なく生きてる人はたくさんいるだろうけど、わたしにはそのクッションは生きる上でとても助けになった。





ひとつの単位として、土星のサイクル、木星のサイクル、ひとつの星座の新月から同じ満月までのサイクル。この3つのサイクルは結構色んな参考になってて、4年間の出来事を振り返るとホロスコープに沿っていて不思議で仕方無い。大きな流れで見ると実体験では『最悪でドン底』な出来事にも、ちゃんと流れ着く落ち着く場所があって、『ドン底』だけでは終わっていない事ばかりだった。


こういう経験の積み重ねが、生きるってことなんだりうね。面白い。



今の注目株は『月』

今年の3月9日の魚座新月から数えると今月17日の早朝4時頃に魚座の満月を迎える。同じ魚座としての大きな新月から満月への流れのピークを迎える17日。


振り返った時に、どんな事に気付けるかが楽しみです。