湖の底に。

ホロスコープまじえて、日々のひとりごとを連ねてゆきます。

涙に暮れたら、幸せの合図。

説明が長くなるのすごい嫌💦💦

簡潔に言葉にしたい。。

嫌だ‥。


自分の納得いく言葉なんて

程遠いわな。


と、自分の事になると

結局手厳しい判断になるの

ちょっと緩めよ。


人の許せない部分は、

自己の許せない部分の投影なら

逆に、

人を許したり、人を認められるなら

自分を許したり、自分を認めることも

またひとつ。

#######################


1度、目の前に作った壁やハードルは

簡単には無くならない。

越えられずに落ちたり、

膝を擦りむいた記憶は蘇るし

もう、あんな痛い想いはしたくない

と、下唇を噛み締めてみたり。


あと、1度自分の身体の一部に

してしまったものを

身体から引き剥がして

奪われてしまったり

大事に創りあげたものを

破壊されてしまったりして


落胆して、涙に暮れて、

もう2度と、こんな想いはしない

こんな想いをするくらいなら

もうしない。


と、思うけど。


人の傷は、ちゃんと癒える


どれだけ再起不能だと感じても

ちゃんと過程を経て癒える。


泣いても、喚いても、

カッコ悪くってもいい。


その方が人間らしくて

いいじゃないの。


みんな1人じゃない。

絶対に誰かいる。



涙に暮れたら

幸せの合図。


幸せの一歩手前。


落胆したら、洞窟を抜ける

少し手前。


絶対に、

そこで終わらない。


終わらないよ。

知らないことだらけ。


「知りたい事、深めたい事」
いくら知ろうとしても、
知らないことがどんどん。

なるほどなぁ
と、思う反面で
無知だなぁ
とも、思う。

占星術の歴史の本を
読み始めて、
前から持ってた本も
読み返してみて、
あらためて頷く事もあり、
大変興味深い。

人のホロスコープ
見させてもらうとき。
まだ、自分の言葉では
それぞれの星座と天体の
解釈ができない。

論理的な捉え方と
直感的な捉え方と

また、捉えたものを
相手にわかってもらいやすい
言葉でアウトプットすることは
積み重ねて慣れる他ない。

道筋の先にあるものを見つめると
途方にくれるような終わりのない
不安感に包まれたり、
本当に到達することなんて
できるのだろうか?
と、気力を失ってしまったり
するかもしれない。

でも「出来っこない」
と、思ってきたものが、
ずっと出来っこないまま
終わるわけでは無い。

石井ゆかりさんの
土星の解釈について】に
面白いたとえ話があったので
ご紹介したい。

以下、『石井ゆかりの星占いの教室ノート』(著/石井ゆかり /実業乃日本社)より引用。

############################
動物のお医者さん』(著/佐々木倫子 白泉社)という有名な少女漫画に、「ラジカセ犬のパフ」という犬の話が出てきます。
パフは、小さな子犬の頃、外に出される時には、ラジカセに紐で繋がれていました。子犬の力ではラジカセは動かせないので、いい重しだったのです。それから数年経って、パフは立派な成犬になったのですが、ラジカセに繋がれるとやっぱりラジカセの周りをうろうろして、逃げようとしません。
子犬の頃、ラジカセをどんだけ引っ張っても動かせなかったので、成犬になっても、動かせないと信じているのです。
私は、土星とはどうも、このラジカセではないのでは、という気がするのです。
私達は誰もが、心の中に、こんな、「動かせるのに動かせないと思い込んでいるなにか」を持っていて、その周りをぐるぐると回って悩んでいるところがあるのではないでしょうか。
本当はできるのに、出来ないと思い込んでいる事。
このことのせいで、望みの場所へ行けないのです。

ああしたい、こうしたい、どうしてこうならないのだろう。

遠くにある「いいもの」を眺めながら、もう簡単に引きずって動かせるラジカセに、縛られ続けているのです。

経験を積み、様々なことを学び、自分を鍛えてきた今なら、それは引っ張れば簡単に動かせるのではないでしょうか。
そして、ずるずると付いてきて邪魔かも知れないけれど、欲しいものがある場所までなら、我慢して引きずっていけるのではないでしょうか。

さらにそうして引きずって歩いているうちに、私達の身体には、素晴らしい「筋力」「力」が鍛え上げられ、身についているはずなのです。

######################################

星占いの中には、たくさんの歴史的背景があって、不確かな漠然とした要素と論理的に組み立てられ、利用しようとしてきたいくつもの側面があるといいます。

それを、たとえ話を用いて表現できるって本当尊敬する。

私は飲み込みが遅いから何度も同じ事を繰り返して、身につけていくしかない。

才能は、有っても無くてもどっちでもいい。

努力の積み重ねは、必ず身についていく。

鍛えれば、筋力がついていくように!

結果的に振り返ると、
当時できっこないよ。。
と、思ってきたことでも、
今なら出来ることって

たくさんある。

絶対、みんなにもある。

さて、頑張るよ!

パートナーシップについて。

パートナーシップについて、考える。



兄弟

友人

好きな人

恋人

愛人

愛する人

彼氏

旦那さん

主人

恩師



たくさんあるからこれくらいにして。



自分が感じている『好意的な感情』


例えば、親や兄弟など完全に血縁で

繋がった関係性のある存在に対しての感情。


と、


友人への感情


と、


一般的に、好きな人と称される

存在に対しての感情。


それぞれ違う。


少なくとも自分の中では、

『自分のとある範囲内に

入れても構わない』

というのが、どれにも通じる

好意的な感情かもしれない。




もし、自分の人生にこれから

子を持つことを望む時が、

来たとすれば、

もしかすると結婚という、

選択肢を選ぶ事があるかもしれない。

望んだからといって、

必ず子を持てるわけでは

ないし、それはそれで

別で考えないといけない

問題もたくさんある。


そうでない限りは、

現時点でその選択肢は無いなぁ。


人生において

生き抜くパートナーは

いた方が張り合いがあったり、

喜びを分かち合ったり、

悲しみを救いあったり、

『愛おしい』という

気持ちが感じられる相手と

同じ時間を過ごしていけるなら

とても素敵だと思っている。


でも、この今あげたことは、

別に結婚してなくても

彼氏彼女じゃなくても、

異性じゃなくて同性でも、

補い合えるものだと

思っているのね。


パートナーシップ。



やっぱり1人だと

行き詰まる。

手を取り合える、

そんな存在が

周りには居ると思うけど、

自分にとって、

『愛おしい』

と、思える感情は、

とても大事なもので、

この気持ちが、

色んな事を色濃くしてくれるし

自分のエンジンの源にもなる。


見返りを求めない

とは、少し違うと思うけど、

少なくとも、

自分がその気持ちを

感じられる事が私は重要。


人生において

不可欠な感情。


人によっては、

同性に感じるかもしれないし

自分の子に感じるかもしれないし

わからないけれど。


私にとっては、

そういう『気持ち』が

持てるだけで幸せを感じられる。



どんなカタチの

パートナーシップであれ、

それぞれが見つけられたら

それで良いと思うんだよな。



この2年ほど、

幸せ過ぎてとても怖いである。

変容と再生と。

 

 

f:id:plutoreborn:20161217111501j:plain

 

いつかの、永遠のさようならは、どこかで誰にもやってくる。最近会っていなくて、笑顔で、『またね』と交わせなかった人達は、何人浮かぶだろうか。その『またね』が永遠のさようならになっても後悔する人としない人が居るとおもうのね。


だから、自身が大事だと思う人達と、短い別れになるのか、長い別れになるのか、本当にわからない。

だから、『さよなら、またね』は、常に気持ちよく、笑顔で。

それが、駅前でする『さよなら』かもしれないし、玄関で見送る『行ってらっしゃい』なのかもしれないし、生きて会えるその瞬間は、いつまで続くんだか誰にもわからない。

どんなかたちでも、心遺りにだけはならないような別れ際を気をつけたいところだ。

誰に対しても。




こうして、会って別れては、いつまで続けられるんだろうか。

どんな繋がりでも、別れはいつかやってくる。

終わりを意識すればするほど、大事に扱おうとするのは、馬鹿げているんだろうか。


わたしにとっては、一回一回が、一瞬一瞬が、大事過ぎて、こんな気持ちをずっと抱えるのは初めてで自分でも扱い方に困る。

自身が、違う立場で出逢ってたら
ちゃんと切り替えられていただろうか

そうして、この人以上に愛する人に出会う日が来たりするのだろうか、とか、色々おもう。


いまの想いが大事すぎて、本当に手を離したくなかった。もともと、無いはずだったチャンス、多分神様が少しおまけしてくれたんだとおもう。

後ろめたいような関係でもないのだから、素直に喜びを噛み締めて、今を大事に愛でれば良いのに、この影にある靄はなんなんだろう。


本物だと信じたい、運命だと信じたい。

多分誰もが思うかもしれないし、その瞬間は、それが運命だとか本物だとか本気で信じている人ばかりだし、私だって過去に出逢った大切な人達を本物だ、運命だと思ったけど、別れてしまったし、その時の気持ちは今は無いのだから。


これが、いつか変わるのかと思うと人間なんて、本当に本当に、滑稽だなと思ってしまう。


私は、何とたたかおうとして
私は、何をそんなにこわがっているんだろうか。

 

Thailand trip 3日目(最終日)

f:id:plutoreborn:20160919020425j:plain

f:id:plutoreborn:20160919020553j:plain




プロンポンで迎える3日目の朝。

朝6:00に目を覚まして余裕を持っていそいそ準備🖐


忘れ物確認を3回程行い(笑)2日間おつきあい頂いた同行者に声をかけてbye!!!また日本でな!


さて、今日は単独行動です👍

8:00過ぎホステルの方に【ตอนนี้ ดูแล お世話になりました!】と、伝えていざプロンポンの街へ!


噂によると駅の近くの路地に入ったところに美味しいクイッティアオがあるとブログで見かけた。「世界一ウマイ!」と言う人と「そうでもない」という意見が分かれていたが自分の舌で確かめるしか真偽はわからん!


さっそく駅向かうと朝の屋台が賑わっていた。


朝ごはんは屋台で調達するスタイルか!なかなか楽しそうな雰囲気👏


目的のお店を見つけて、麺を選びスープ有無を選び、トッピングを選ぶ。


少し透き通るスープにたまご麺とお野菜と豚肉がのっていた!


まずは、スープをひとくち。

朝のぼんやりした身体に沁み渡る優しい味のスープ!

アロォイ!!!!!❤️❤️❤️


麺は日本のラーメンでいうところの細めちぢれ麺のかため!大好物です!最高な食感!見た目以上に味が1000点!!!😇


サイズは大、中、小。


朝だったので小サイズを頼んだ。これはもっと食べたい.......。


おばちゃんに、アロォイ!と伝えて、お店を出る。


プロンポンからサイアム経由で地下鉄へ乗り換えれフアランポーン駅へ向かうとタイ国鉄バンコク駅が見えた。


あっと言う間のThailand


国鉄の切符をかったらいよいよ佳境。


バンコク駅周辺は意外に何もない、タクシートゥクトゥクの激しい勧誘を切り抜けて、切符購入。駅構内では買い付けから帰ってきた人や、モノ売りの人。旅行客や、色んな人が入り混じっていた。


電車に乗ってから車内販売のドリンク!せっかくだから買ってみた😬しかしコーヒーだと思って買ったドリンクがりんごジュースに黒い細切りゼリーみたいなのが大量に入ってる飲物だったww10バーツ!😊


帰りの電車はちなみに空港まで【5バーツ】でした(笑)


空港でお土産買って、気づいたけどプロンポンの雑貨屋行ってNEEEEEE😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭



目的の物は何ひとつ変えなかった今回の旅(笑)

しかし、それ以上に得たものの多いThailand trip


今しか出来ないことを、今すぐやらなくちゃ。


その決断は間違って無かったな🤔


何が何処に繋がっているかなんて本当に解らない。


発見と反省と、色んな幸せを発見できた3日間


ขอบคุณค่ะ Thailand

ขอบคุณค่ะ ジョン&マイク

ขอบคุณค่ะ  同行者

ขอบคุณค่ะ カオサンのドナルド氏



一生モノの経験ができました🙌


Thailand 2日目

f:id:plutoreborn:20160918214440j:plainf:id:plutoreborn:20160918214516j:plainf:id:plutoreborn:20160918214603j:plain


Thailand trip 2日目


2日目、カオサンで迎える朝。

前日は旅行ではあり得ない程の早い就寝で10時間睡眠(笑)

のそのそと起きてチェックアウト🙌


深夜が遊びどきのカオサンで一切遊ばず過ごしてしまった👀

確かに深夜ドミトリーも騒がしかったけどヤバイ耳栓持って来てたから爆睡できたけど👏


朝のカオサン通りは、また雰囲気の違った味わいがあってさわやかだった。


朝はブログで調べていたお店でご飯😆待ってました‼︎


メニューを見るも目移りしてしまって中々大変だ

迷いに迷った挙句の果てに選んだのは【フライドライスグリーンカレーチキン】と【アイスコーヒー】、グリーンカレーに使われる素材がご飯に絡めてあるようなものが出てきた😋ビジュアル1000点❤️❤️❤️❤️❤️❤️


バジルとコブミカンの葉っぱの香りが食欲を掻き立てる!


リアルにスプーンを持ちながら【わぁ〜❤️😍】ってなりました。


バジル、ヤングコーン、カリフラワー、ブロッコリー、パプリカ、ナス、チキンが入った具沢山なフライドライス!ひとくち食べて香りの良さと美味しさに思わず笑みがこぼれる☺️☺️☺️ご飯が美味しいの最高!幸せの味!アロォイ!!!街の人達を観察しながらご飯を楽しむ。辛いと思っていたフライドライスグリーンカレーチキンは食べられる程度の辛さで全く問題無かった😘


美味しいご飯で英気を養い、ひと息つく。


次はチャオプラヤー川の高速船でBTSスクンビット駅へ向かいます🚤

船乗り場の Arthit N13から船に乗り込みます【17バーツ】

チャオプラヤー川は思ったより汚い(笑)水草がスゴイたくさん流れてくるもんだから同行者と『この水草は何処へいきつくんやろね…』とか言っていた。


船はスゴイ人でどんどん奥へ押し込まれる

船着場に寄るごとに超満員。同行者とはぐれる(笑)

はぐれている間に後ろから英語で2人組が『次はターティアン駅かしら?😨』と聴こえてきて困っていたので、丁度GPSマップを持って居たので見せながら『next Tha tien!』って言ったら笑顔でthank you😄って言われた😳うれしみ。


そのあと同行者発見。三島由紀夫の小説に出てくる【暁の寺・ワットアルン】を通過するのに写真が撮影できた!ナイスタイミング!


そのあとぐんぐん進んで降りる予定の船着場で降りようとしたら!まさかの!入り口閉められて降りれなかったwww


まじかよー😭😭😭😭😭ってなって、仕方ないから次で降りるって思ったら次の船着場で降りた方がBTSスクンビット駅に近くて結果オーライ!運良いんじゃね!?😇(笑)


初めてのBTS


切符の買い方が解らない(ちーん)



自動券売機は御札が使えない

窓口では両替しかしてくれない

1・5・10バーツのコインしか使えない!(笑)


ややこしかった😳

改札通ったら荷物検査(!)

特に何もなく通過。


綺麗な駅で乗り場は結構近代的。

二重扉になっていた。


ここからサイアム駅のサイアムスクエアへ向かって買い物ZANNMAI!!!の!!!はずが!!iPhoneのLightningcableなくしました。充電できない!!と言う事でiPhoneのcableを探す。無事に買えたが990バーツ!たっか!日本と変わらん!!!ここに来てから1番高い買い物wwww


その後、アロマショップやら本屋やら、何故か見つけたアニメイトを撮影し、隣の建物へ!!


途中でマーケット発見して駆け込む。

同行者は、またチキンを食う。どんだけ好きなんや。

私は、とりあえず喉が渇いて仕方なかったので

モンジュース!30バーツで結構大きいボトルだった😚

お味は少し塩味のきいてる甘酸っぱいレモンフレーバー!

タイの飲物はフルーツに塩をまぶしてシロップとお水で混ぜたローイゲーオという飲物が主流らしくそれっぽい感じなのかなと🤔


これもまたアロォイ!!!


同行者はマーケットへ、またチキンを買うと消えていったが帰ってきたときに手に持っていたのは巻き寿司を揚げたようなモノだった。


(チキンが寿司になってる)


ひとつ貰ったけどサクサクで美味かった🤗


そのあと、今回の旅の1番の目的と言っても良いほどのオリジナル香水が創れる【Erb】へ向かったけれど、、、まさかの、カウンターで聞いても『そのお店は、ここにはありませんよ?』と、言われる😱😱😱


しかし切り替えが大事である。

何事も、今を楽しむために!!!😂😂😂


気をとりなおして、ダイソー行ってからまたBTSに乗り、2日目の宿泊先へ。


BTSの車内アナウンスに耳を傾けていると途中『NaNa』と言う駅があるのだけど、言い方が『ナァーナァー』って言ってて同行者も気付いており、笑い。


ナァーナァー


イメージ:世界ウルルン滞在記の下條サンのナレーションの如く「出逢った〜」の言い方で「ナァーナァー」



😂😂😂😂😂😂


で、プロンポン駅に着く。


プロンポンはエンポリアムって言うブランドばっかりの建物が並んでる。近くに公園と、フローズンヨーグルトのお店。なかなか面白そうな街。


とりあえずチェックインしに【1989ハウスホステル】へ

途中ダイナソープラネットとやら遊園地?知らんけど面白そうな場所があってノリで行こうとなった。(しかしこの後、雷によって乗り物が動いておらず断念した。)


2日目のホステルは、カオサンの時より更に綺麗で驚いた!


気さくそうな人ばかりで安心した🤗


しかしこの辺、いかがわしい店がたくさんあって可愛らしい女子たちが昼間から店先にたくさん座ってた!hooooo!!!!これもまた異国情緒(?)


とりあえず、近くの公園ぶらっとしてたけど、太極拳やらかなり大人数でのエアロビクス?ランニング、筋トレ集団?遊具も、筋トレマシーンみたいなやつがたくさんあって、不思議な公園だった。


途中、18:00に国歌が流れたんだけど全ての人が立ち止まっていて敬意を表して、国歌が終わると日常に戻る。


丁度公園に居たからこそ、その【静】と【動】に感動した。


プロンポン周辺を歩きに歩き回って面白い看板を写真に収めつつ、ホステルの通り戻ってきた。


夜ご飯は、レストランに入って最後の晩餐はマッサマンカレーを頂いた。

カレーの上にフシギダネ!不思議だね!


2日目は色んなモノを見られて楽しかった。


現地の人の生活感が垣間見えたプロンポン

あっという間の楽しい時間でした😉



Thailand trip 1日目(後半)

f:id:plutoreborn:20160917210705j:plainf:id:plutoreborn:20160917210732j:plain

無事(?)、ドンムアン空港に着いたのでバックパッカーの聖地カオサンに向かうべく高速バスに乗り込む。150バーツ。wi-fi付きで快適に目的地へ直接到着できる交通手段なら450円でも全然良かった。


窓から見える景色が目新しくてキョロキョロしてしまう。


街に出ると、人が溢れていてバスは現地人で満員。バス停じゃないところでバスに乗る人も居てた。随分眠くて途中から写真は撮ってなかった😱


カオサン通りは、さらに人とタクシーとトゥクトゥクでごった返していて凄かった!お店は、日本でも良く見かけるようなチェーン店の看板もあった。1日目のホステルは【Green house】外から見ると完全にカフェである。欧米人が多く食事をしていた🙌


初めてのドミトリーは、想像していたより全然綺麗で二段ベッドが5か6並んでいた。荷物を整理している人や寝ている人も。それぞれ1人なのか、よくわからなかった。


とりあえず荷物を整理して、カオサンの街に繰り出した。


タイパンツ、サンダル、工芸品やTシャツなど色んなお店が立ち並ぶ、ここでもまたオイニーバラスーシが漂う店が乱立しておりお腹は減る一方。


とりあえずチキン。


途中、ワンちゃんズと出会い(ジョン&マイク)

あれ?兄ちゃんの名前忘れた。


ぐるぐる1周してメインの通りでパッタイとマンゴー等を食す。

途中、ゲテモノ系のお店があったけど『写真撮ったら10バーツ』って書いてるの気付かなくて危うく携帯向けそうになったけど同行者に言われて気付く(笑)あぶねー。。


でも、よく考えたら30円払ってネタ写真が手に入るなら撮っとけば良かったかなと思ったり。。。(笑)


しかし、この後ふたたびトラブル発生。


同行者『財布が無い』

わし『ええええ!!🙄』


落とした疑惑。。

とりあえず、諸々の処置を終えてドミに戻る。

同行者は早々にご就寝。👋


私は寝る前にシャワー浴びてから荷物を整理してたら同室の男性と女性が英語で会話してたのが聴こえてきた。


どうやら、男性がセキュリティボックスに財布とかをしまおうとしてて男性がチョけた話し方で笑っていたんだけど英語全くダメな私は所々しか聞き取れなかったんだけど、ずっと男性が『no way....😭no way....😭ww』って言ってて、よく聴いたら


男性『OMG...壊れちゃったよぉ....😭』

女性『なにが壊れたの😁??(笑いながら)』


男性『僕の大事なクッキー!!!👋😜』

女性・私『wwwwwwwwwww』


全然会話に入って無かったのに聴こえてしまった会話に笑いが堪えられず吹き出してしまった(笑)笑った事が男性にバレて『you〜!😜』と、見られる。


そこから『クッキーいる?割れてるけどww😊』とクッキーを貰って、わたされる前に『oh〜maid in Indonesia〜!ok???😆😆』って言われて面白くて笑いながら受け取った。


そっか。ドミトリーって、こんな楽しみ方があるんだなって新しい発見をした夜でした😋

しかし、きちんと意思疎通したり、自分の感じたことを相手に伝える事は言葉が通じないともどかしいものがある。ジェスチャーだけでは、想いは通じないし、いろんな国の人が集中しするカオサンで初のドミトリーを体験できた事は良い経験になった。まだ3カ国しか行ったことないけど、その国それぞれの習慣と通じる言葉も全然違う。『言葉』の大事さを見にしみて思い知った。


ユーモア溢れる男性と女性に挨拶をし就寝。死んだように眠ってた😇