湖の底に。

ホロスコープまじえて、日々のひとりごとを連ねてゆきます。

昨年の、もしもしセブン企画。

せっかくなので、日記をブログに移しておこうと思いました。


そろそろ、あれから1年が経ちます。


--------------------------------------

ワタシの人生において、

間違いなく今のところ

イチバンのミラクルを

忘れないように記したい。


2015年10月3日  お昼過ぎ。

ラインのタイムラインにて坂本真綾のラジオが先週金曜日の深夜の放送で700回を迎えていたことを知る。


そして、それに伴って素敵イベントを開催することも記されていた。


放送700回に因んで、今週4週連続で合計7人のリスナーと坂本真綾が直接電話で話すヤバイ企画【もしもしセブン!】


朝イチで、タイムラインを見ていつもなら応募しないのですが、今回は、そういや誰かが『いくら無理でも、やってみないと可能性すらない』みたいなこと言ってたよなー。とかいう言葉を思い出す。


とりあえず、応募はしよう。

熱い想いと、話したいことは山ほどある!


3日の夜、仕事後にメールで応募する。


名前、電話番号、住所

真綾ちゃんともしもししたいコトを添えて。


台湾一人旅のお話しと、夜の虹を死ぬまでに見たいんだという話が出来たら、とっても嬉しいな、と。


10/4 正午過ぎ。

休憩時に、メールを開くと見慣れないメールアドレスからのメール。

イタズラか?と、ひらくとそこには、こう書かれていた。


【明日 5日 19時半から21時で第一回目の、もしもしセブンの収録時間を設けました。可能であれば返信をお願いします。候補者としてご検討させていただきます。収録できなくなった場合はメールさせていただきます。採用された場合は非通知からの着信があるため設定の解除を…】


イッツミラコーーーー( ;  ; )( ;  ; )( ;  ; )


とりあえずこの時点で、何人応募したかわからない内の【候補者】になったコトに動揺を隠せないのと、まだ喜んではいけないよくわからないソワソワに。


焦って変な返信をしてしまったので、もう一度引用返信で返信をしなおす。(おい)


とりあえず祈るように翌日を、まつ。


10/5 仕事は奇跡的に休み

休みでしたが、少し用事があり、夕方までに済ます。


まだ、メールは来ていない。

1%は、可能性あるか?何人にこのメールがきてる?最後は、真綾ちゃんが選ぶのか?

あの内容で、真綾ちゃんが話したいと思ってくれるのか。


とりあえず、収録とかかれている限りは静かな場所に、いなければならんよな…。と、とりあえずフリータイムでカラオケへ…。

もくもくとカンペを作り準備はいつでもOK。


今思うと、電話がかかってこなければ、とんだ損だ。


しかし、1%の可能性が、あるかぎり。

わたしは。そうせずにはいられない。

その1%に出逢った時に万全で在るように。


とりあえず、1時間半ある収録時間のどこで、ワタシに電話があるか。それともメールがあるのか。


19時半、何もない。


もしかすると4週で7人だから、2人づつ。

ラジオの、収録も、あるから早くても8時。2人目なら8時半くらいか?


と悶々とする。(笑)


20時、まだ連絡は無い。


まだ、もう少し諦めたらダメや!チャンスはメールが来ない限りまだある。21時まで待つ。


20時半、まだ連絡は無い。

さすがに、もう無理かなーと思いました。30分切ったし…。


とりあえず、iPhoneの画面を見つめる。



2015年10月5日 20時43分

やっぱりアカンかったなぁ。

って、涙でそうになった瞬間。


電波マークが1xになって、着信のくる合図に変わった。


これで、非通知からの着信なら確定。


祈る!!!!!!


【着信中 非通知】


(き、き、きたーーーー!!!嘘やー!まじかよーーーー!!!)


私「は、はい、もしもし…!」


ディレクター「〇〇さんですか?大変お待たせしました。ビタミンMのディレクターのTです。」


私「お世話になっております(?)」



D「おめでとうございます。もしもしセブン、当選ですよ。どうですか?(笑)」


私「あ、ありがとうございます!夢みたいです。信じられません。」


D「ビタミンMの放送は聞いたことはあるのかな?兵庫だったらインターネット放送かな?」


私「あ!はい!主にインターネット放送で、1度東京のライブに訪れた際にリアルタイムで現地で聞くことができました。」


D「そうなんだ!そういうのも、真綾ちゃんと話してあげてね!!(笑)じゃ、この後で、電話を切った後に非通知からの着信があったら次は真綾ちゃんだからね!(笑)」


私「あ、はい!あ、あの!話すことはメールに、記載した内容で話せばいいんでしょうか!!」


D「そうだよ!台湾で食べたものとか、行ったところとか、色々話してくれていいんだよ!」


私「わ、わかりました!!!」


この電話を切った後の着信在るまでが、イチバン人生で、よくわからない時間だった。


【着信中 非通知】


き、きたーーーー!これ、出たら真綾ちゃん!?ほんとに?!ドッキリでした!とか、ない?!


私「はい!もしもし…」


真綾ちゃん「わ、わぁ…!」

この、ヒトコトめが超絶可愛くて


てか、ここから先は断片的にしか覚えてない。ほんとに、どうやって最後まで話せたのか、、、メモは殆ど意味ないし!!!(笑)


台湾の話しと、食べたモノを聞かれたのに準備してなくて、タピオカミルク!!ってこたえて、真綾ちゃんに「飲み物かぁい!」ってツッコミ入れられて、、、私、死にたい。(笑)


私の話した言葉に、真綾ちゃんがこたえて、わたしが返事をする。奇跡以外のなんなんだよ!!!!!


で、そろそろ終わりかなーて思ってたら。


真綾ちゃん「来月お誕生日だそうで??」


私「?!?!!?え!!、??!あ、はい!!!」(何で知ってるんだろう…あ!!!メールに年齢書くとこあって、満28歳って書けば良いのか、今年なる年齢を書けば良いかわからなくて来月で29歳って書いた書いたからか!!!( ;  ; )!!!)


真綾ちゃん「おいくつに、なるんですか?」


私「29歳になります!!」


真綾ちゃん「いい年齢じゃないですか。私も28、29の頃は色々あってね…でもね、30越えると楽しいよ〜?笑」


私「そ、そうですよね!真綾さんが、以前そう仰ってて、その言葉を胸に頑張ります!!」(なんかそんな雰囲気のことをこたえた気がする。。。)


あとは、放送に、どう反映されるかですね。


とりあえず、わたしは人生の目標である坂本真綾さまと、こうして、縁が触れ合ってしまったのでありました。


放心。あまりにも放心すぎて。

もう、最強かもしれない。


一生モノの私の想い出。


saaya

Thailand trip 1日目(後半)

f:id:plutoreborn:20160917210705j:plainf:id:plutoreborn:20160917210732j:plain

無事(?)、ドンムアン空港に着いたのでバックパッカーの聖地カオサンに向かうべく高速バスに乗り込む。150バーツ。wi-fi付きで快適に目的地へ直接到着できる交通手段なら450円でも全然良かった。


窓から見える景色が目新しくてキョロキョロしてしまう。


街に出ると、人が溢れていてバスは現地人で満員。バス停じゃないところでバスに乗る人も居てた。随分眠くて途中から写真は撮ってなかった😱


カオサン通りは、さらに人とタクシーとトゥクトゥクでごった返していて凄かった!お店は、日本でも良く見かけるようなチェーン店の看板もあった。1日目のホステルは【Green house】外から見ると完全にカフェである。欧米人が多く食事をしていた🙌


初めてのドミトリーは、想像していたより全然綺麗で二段ベッドが5か6並んでいた。荷物を整理している人や寝ている人も。それぞれ1人なのか、よくわからなかった。


とりあえず荷物を整理して、カオサンの街に繰り出した。


タイパンツ、サンダル、工芸品やTシャツなど色んなお店が立ち並ぶ、ここでもまたオイニーバラスーシが漂う店が乱立しておりお腹は減る一方。


とりあえずチキン。


途中、ワンちゃんズと出会い(ジョン&マイク)

あれ?兄ちゃんの名前忘れた。


ぐるぐる1周してメインの通りでパッタイとマンゴー等を食す。

途中、ゲテモノ系のお店があったけど『写真撮ったら10バーツ』って書いてるの気付かなくて危うく携帯向けそうになったけど同行者に言われて気付く(笑)あぶねー。。


でも、よく考えたら30円払ってネタ写真が手に入るなら撮っとけば良かったかなと思ったり。。。(笑)


しかし、この後ふたたびトラブル発生。


同行者『財布が無い』

わし『ええええ!!🙄』


落とした疑惑。。

とりあえず、諸々の処置を終えてドミに戻る。

同行者は早々にご就寝。👋


私は寝る前にシャワー浴びてから荷物を整理してたら同室の男性と女性が英語で会話してたのが聴こえてきた。


どうやら、男性がセキュリティボックスに財布とかをしまおうとしてて男性がチョけた話し方で笑っていたんだけど英語全くダメな私は所々しか聞き取れなかったんだけど、ずっと男性が『no way....😭no way....😭ww』って言ってて、よく聴いたら


男性『OMG...壊れちゃったよぉ....😭』

女性『なにが壊れたの😁??(笑いながら)』


男性『僕の大事なクッキー!!!👋😜』

女性・私『wwwwwwwwwww』


全然会話に入って無かったのに聴こえてしまった会話に笑いが堪えられず吹き出してしまった(笑)笑った事が男性にバレて『you〜!😜』と、見られる。


そこから『クッキーいる?割れてるけどww😊』とクッキーを貰って、わたされる前に『oh〜maid in Indonesia〜!ok???😆😆』って言われて面白くて笑いながら受け取った。


そっか。ドミトリーって、こんな楽しみ方があるんだなって新しい発見をした夜でした😋

しかし、きちんと意思疎通したり、自分の感じたことを相手に伝える事は言葉が通じないともどかしいものがある。ジェスチャーだけでは、想いは通じないし、いろんな国の人が集中しするカオサンで初のドミトリーを体験できた事は良い経験になった。まだ3カ国しか行ったことないけど、その国それぞれの習慣と通じる言葉も全然違う。『言葉』の大事さを見にしみて思い知った。


ユーモア溢れる男性と女性に挨拶をし就寝。死んだように眠ってた😇



Thailand

20160913-16f:id:plutoreborn:20160917002012j:plainf:id:plutoreborn:20160917002106j:plain


行ってきましたThailand

微笑みの国、Thailand


全く行く予定を立てても無くて、

行こうかなリストにも入れていなかったThailand


濃い3日間でした(^-^)


13日、仕事が終わってダッシュで関空へ!!

荷物もチェックして色々調べてたら時間があんまり無くって、夜ご飯を食べ損なった。

同行者から、まさかの21時前の時点でパスポート忘れたという連絡が入る(笑)

『あ、これ1人旅95%確定なやつ?』と覚悟を決めた(笑)


ここで行かないという選択肢は、もちろん浮かばなかったのでとりあえず関空へ。


22時くらいに関空へ着いてwebチェックインを前日に済ませていたので後は荷物チェックのみだと思っていたらからカウンターのお兄さんに『同行者が遅れてるんですけどwebチェックインが済んでるので23時50分に間に合えばいいんですよね?』と、聞いた所、『webチェックインが済んだ場合もこのカウンターで23時10分までにチェックインが必要です。同行者が間に合わなくても出国しますか?』


一瞬で『あ、はい出国します(笑)』と答える。


とりあえず、お腹空いたけどまともなもの売ってなくてパンを2つ買ったけど食べるタイミングを逃す。


結果的に、受付終了10分前に同行者奇跡の到着。

全く先が思いやられると思ったけど、旅の醍醐味か(?)と思ったのはこの先あながち間違えてはいなかったのかと思う始まりでしかなかった…(笑)


4:00到着を30分も早まってタイのドンムンアン空港へ到着!めちゃくちゃ早いじゃないか!嬉しい!

1日目はアユタヤ遺跡の観光地だったのでタイの国鉄で少し都心とは離れた所へ向かいます。


しかし、空港から国鉄の駅が解りにくくて1本電車を逃す(笑)


ドンムンアンの駅は、線路の上をあるいてプラットホームを行き来する。真ん中に柵があって、柵を開け閉めする駅員さんが真ん中で立っている(^人^)

ドンムンアン空港からアユタヤ遺跡の駅までは50キロ弱あって、神戸から京都くらいまでの距離なんだけど、私達の乗った普通車はなんと11バーツ(おおよそ33円)破格です。凄すぎる。ほぼタダやないか!!!!チロルチョコの大きいやつ1個分で移動できるなんて…。


早朝5時台、空が少しずつ明るくなるのが綺麗でした。


電車に乗るの地元の人や、買い付けに行くような人や学生など色んな人がまばらに乗っていた。


まわって来た駅員さんがチケットをパチリと切ってくれる。


『アユタヤ〜(^人^)』と笑いかけてくれた。笑顔素敵。


しかし眠くて堪らなくて、でも景色も見たくて戦いつつ撮影とウトウトを繰り返す。。。


1時間程だったので乗り過ごさないように、GPSマップを見てたのですが駅員さんが戻ってきてくれた時に『ネクストアユタヤ〜』とわざわざ教えてくれたのだ!嬉しい!!


なんかもう、それだけで嬉しかった(^-^)


アユタヤ駅につくと、すごい人!駅前はトゥクトゥクやタクシーがたくさん!!日本語で話しかけてくるおじさんも居てた!普段警戒しまくる私は目を合わせないようにしてたけど、それを楽しめるくらいになれたら良いなと思った👀


普段の硬すぎるアタマを柔らかくしたいね。。


アユタヤ駅から遺跡までは、路地を通るのですが朝市が賑わっていてタイの日常を覗くことが出来て良かったなぁ(u_u)


チャオプラヤ川を渡し舟(5バーツ)で渡って自転車を借りて遺跡巡り。駅に着いた時は霧みたいな雨が少し降っててしっとりしてたんだけど、自転車借りる頃には暑いくらいになってた。夏が嫌いな私ですが、なんだかこの暑さは許せてしまった。日差しが痛かったけど。


行きたかった所をたくさんリストアップしていたけど、体力と時間とお天気を見てそれよりもっと絞ってまわった(^人^)  


1つ目はWat Khok Muang

通りすがりに見つけた場所なので下調べはしていない(笑)


2つ目はWat maha that、Wat phra ram

有名な根っこに絡められた仏像の頭がある所。

ここの仏像は、ビルマ軍の侵略により殆どの頭部が無くなっている。間近で見ると圧巻、そして異様な空間。ずっとここに居てもいいなと思った。


3つ目はWat Ratchaburana(royal sarmon hallとmain pagona)王位継承争いで亡くなった2人の兄の為に建てられた寺院だそうな。個人的にココが1番好きだったな(^人^)途中で象に乗ってる人を見たである。


3つ目の後に、疲れたから調べてたカフェで飯食おうぜってなって入ったカフェはシャレオツでした。オイニーバラスーシ(笑)とりあえずお腹空いてたから朝の8時台にも関わらずパッタイ(85バーツ)とアイスのタイコーヒー(60バーツ)を頂く。素晴らしい居心地。そして飯ウマー。美味しすぎて溶けて無くなりそうでした( ゚д゚)アロォイ!!


周りの観光客は皆んな軽いものしか食べてなくて、、、hahaha...


4つ目はThe grand place、Wat phra si sanphet

王宮跡の遺跡。仏塔3基以外は全てビルマ軍に破壊されたらしい。でかくてビックリした((((;゚Д゚)))))))

遺跡入る前に、コーラ飲んだ。プライス20バーツ。ちょっと日本より少ない450mlのペットボトルでした(^人^)


とりあえず、ここが1番人が多くて観光地!って感じだった。それっぽい撮影スポットで写真を撮って貰ってなんか暑くてまた疲れてコーヒー飲もう!ってなって何故かさっきのカフェ(2回目)お姉さんも笑ってた( ゚д゚)


2回目は私はタイコーヒーじゃなくてブルーレモーネードとやらを頼んでみた!見た目が綺麗で、美味しかった!テーブルに置いてるティッシュのび太とかドラえもんで何故?!!ってなったけど。


近くに、居たどこの国か解らないご夫婦が写真を撮りあってたから、『撮りましょうか?』って聞いたら『ありがとう、大丈夫』って言われた(笑)でも、帰るときにニコニコ手を振ってくれた☺️プライスレス!!


そのあと、ぶらぶらアユタヤ駅に向かってドンムンアン空港へ鉄道使ってもと来た道を戻りました♪(v^_^)v


 2回目なので、ちょっと気を抜きました…


ちゃんと地図見てたのに!降りる駅間違えました(笑)空港のひと駅前でどっちも気づかず降りたっていう…。電車は、ほぼ1時間に1本!!!(笑)うーん。歩く?ってなって調べたら8キロ!!!歩けない事ないけどこれもまた旅の醍醐味ってことで線路沿いをバックパック背負って、のそのそ歩く。ヒッチハイクする?とか言い出して『👍🏻』ってしながら歩く同行者。とりあえず面白いから、そのまま歩き続ける。ヒッチハイクとか!1人なら絶対やってない!(笑)

車にはどんどん避けられて、タクシーが1台声をかけてきたけど100バーツって言ってたから、『No!!』って言ったら去り際に『ノーマネー?!ノーマネー?!』って言われた。(笑)


多分2か3キロは歩いたと思うけど、ヒッチハイクやってない時に、追い越していった2人乗りのバイクが数メートル先で止まって振り返っていた。


もしかして!!!と思ったけどバイクwwwこの荷物じゃ無理だねって思ったけど通りすがりに話しかけられる。同行者が話してくれて、どうやら5分待ってくれとのこと。2人乗りの2人はポケモンゴーをしていたらしい。私は見てなかった(笑)


で、よくわかんないから歩き続けてたら、本当にお兄ちゃんが5分くらいで帰ってきた!!まじかよ!!!


『乗って』

と、合図されるも2人も乗れんだろう!!!と思ったけど、私のバックパックを足元で後ろに2人!!てか、運転手入れてこの大荷物の3人乗り!!!怖え!!内心死ぬ覚悟で、もうどうにでもなれ!と思いつつ乗りました。ええ、めっちゃこわい。運転手のタイ人の兄ちゃんに怖すぎてめっちゃ抱き付いたから、なんかゴメンって思った。旅の醍醐味…?(笑)


というか、外国のこの手の乗り物。バイクタクシーとかもあるし、お金いくら払ったらいいの?!とか、なんか乗ってるとき色々考え過ぎてパニックであった内心…(笑)


本当に空港着いちゃったよ…しかも下ろして、そのままバーイって、あっさり帰ってしまったよ…お礼言えなかった…お金どうすんのとか考えてたら何も言えなかった。


こういう時、本当に言葉って大事やなと思ったね。そんで最低限すぐ話せる準備をしてこなかった自分に…!!めっちゃ凹んだ(T ^ T)凹んでも自分のせいやけど…。

   


とりあえず、タイ1日目前編はこの辺で(^人^)

ひとつのサイクル。

ホロスコープを独学で始めて4年ほど。


自分的に、『占い』という感覚ではなくて、その図式から読み取られた『要素』が、どれだけ実体験に沿っているのかを記録を取りつつ楽しんできた。


ホロスコープを勉強し始める前と後では、人生の捉え方も自分の生き方も、生きやすさも、私は良くなったと思う。というか、自分が『本当に求めているものは何か?』とか、そういう事をちゃんと自分の中で承認出来るようになったのも、そのお陰なんだよね。


何か特定のことを予測したり、予測した出来事を変えたり操ったり、そんな事が出来るモノでは無くて、『こんな方向に行きそうですね』という所から、心構えと受け止め方を学んでいるような感覚なのかな。


多分そんなクッションが必要なく生きてる人はたくさんいるだろうけど、わたしにはそのクッションは生きる上でとても助けになった。





ひとつの単位として、土星のサイクル、木星のサイクル、ひとつの星座の新月から同じ満月までのサイクル。この3つのサイクルは結構色んな参考になってて、4年間の出来事を振り返るとホロスコープに沿っていて不思議で仕方無い。大きな流れで見ると実体験では『最悪でドン底』な出来事にも、ちゃんと流れ着く落ち着く場所があって、『ドン底』だけでは終わっていない事ばかりだった。


こういう経験の積み重ねが、生きるってことなんだりうね。面白い。



今の注目株は『月』

今年の3月9日の魚座新月から数えると今月17日の早朝4時頃に魚座の満月を迎える。同じ魚座としての大きな新月から満月への流れのピークを迎える17日。


振り返った時に、どんな事に気付けるかが楽しみです。

沼の中には

知らない間に

自分が誰かを

傷つけたり

悲しませたり

嫌な思いをさせたり

してないかが

たまに

申し訳ないって 

気持ちが押し寄せてくる。


なんで言われた言葉を

そのまま信じられないんだろう。


1番怖いのは信じた後の

裏切り。


怖いからずっと

『変わって当然』って思うように

してるはずなんだけど、

なんだかうまくいかない。


こんなんじゃ

これからどうやって

生きてくんだろうね。

腐敗

不思議な事。

悲しみ憎しみ怒りとか

スパイシーな感情。

これらが、

いつのまにか清流になる

プロセスがいつも不思議。


濁ってドロドロのヘドロ

美味しくも美しくもない

なんにもならないような感情。


わたしはその

『プロセス』

に、とてつもなく

魅力を感じる。



そのプロセス

その仕組みを

知りたい。

見たい。


その経過は、

力尽きて死んで

腐敗して養分となって

命の源となって

生命の一部と化していく

その不思議なプロセスを

見届けたい。


必ずこのサイクルが

有ると信じているから

落ち込んだ時も、

一時的に急降下は

するものの

必ず日は昇るし、

命は廻るから、

絶対的絶望はせずに

来れたのかもしれない。

f:id:plutoreborn:20160903003804j:plain

朝日の微睡む頃。

f:id:plutoreborn:20160902063605j:plain


私が本当に喜ぶ事。

数年考えて、的は定まってきた

まだピタァとハマっているわけでは

無いのだけれど。

この方向性というのは、

間違っていなさそうだと

判断できるレベル。


私が人を好きになる時、

心が何かに共鳴する。


どれだけ、

『今回は振り回されない』

『今回は好きになりすぎない』

と、気を付けていても

結局ドップリ浸かっている。


どれだけ、

状況が良く見えたって

今まで思い込みで失敗した経験が

たくさんあり過ぎて、

『まだ、だめだ』

『そんなわけない』

『この人に限っては例外』

と、後で勝手に落胆しないように

予防線は張ってきたのに。


でも、

全然意味無いのね。



どれだけ期待を遠ざけても

期待は勝手に募っていく。


募った分だけ相手に落胆して

その落胆に涙する。



そもそも勝手なのだ。



相手も自由に生きていて

私も自由に生きている


その人が、そうしたいと思ったから

そういう、行動をしたわけだけど、

『意味を勝手に見出した』のは、

彼ではなく私であって、

『その勝手に見出した意味』に

私は勝手に『落胆した』のである。

 


だいたいの落胆は、

自分が創り出したもの。

だいたいが自分のせい。


後向きとかではなく、

どれだけ言い訳しても

それが事実だと思うし。


どんな憶測も

事実の前では

何の意味も無い。


意味の無いものは無い

って言うけど、

これだけは本当に無意味だと思う。


自らの事以外は

本当の事なんて

考えてもわかるわけが

無いんだからな。